10万円(特別定額給付金)を住民票がない又は移していない場合の受け取る方法

10万円の特別定額給付金の申請をしたいけど、今は住民票がないんだけど・・・

住民票を前の住所から移していないけど、どうしたらいいの?

そんな方へ受け取り方の解説です。

スポンサーリンク

10万円(特別定額給付金)を住民票がない又は移していない場合の受け取る方法

10万円(特別定額給付金)を住民票がない又は移していない場合の受け取る方法

結論としては、現時点で住民票がなくても、10万円を受け取ることができます

ケース別の対応としては次の通りです。

※ちなみに市区役所と書いてある箇所は、ご自分が住んでいるところの市役所、区役所、町役場、村役場と読み替えてください。

住民票を前の住所から移していないケース

ケース1 実家に置いたまま

このようなケースは、実家に申請書が送付されます。実家で郵便物を受け取ることができる状況であれば、実家で受け取って申請ができます。

なお、申請者は世帯主(住民票上の世帯主)になります。世帯主がまとめて総額をうけとります。

例えば3人世帯であれば、30万円が世帯主の口座に振り込まれます。

結論:実家で受け取ってくれる人がいればOK!

ケース2 引っ越ししたけど住民票を前の住所を置いたまま

前の住所に申請書が送られますが、次の状況が考えられます。

自分がそこに住んでいないことを郵便局が把握している(知っている)
→申請書が市区役所へ戻りますので、市区役所へ申請に行きましょう。

自分がそこに住んでいないことを郵便局が把握していない(知らない)
→ポストへ入れてしまいます。その家から受け取ることができれば、その申請書を使ってもOKです。ポストに入ってしまうと、そこに住んでいる人が代わりに受け取ってしまうのでは?と心配になりますが、受け取りは本人の口座のため、基本的には受け取れません。ただし、同一世帯だった場合は受け取りできてしまいますので要注意!(住民票上の同一世帯の場合です)

また、別のケースとして、郵便局に転送届を出してありますか?
出してあれば、引っ越し先に転送してきますので問題なしです。ただし、市区役所が申請書を転送不可で出してある場合は届かないことがあります。この場合は市区役所に確認しましょう。

結論:申請書が届かなければ、市区役所に電話確認!

これを機会に住所の変更の手続きをしておいた方がベターですけどね。

住民票がない場合

つぎのような場合に住民票が一時的に無くなることがあります。

  • 「引っ越ししてそのままにしておいたら住民票がなくなっていた」
  • 「アパートを出て友達の家やネットカフェを転々としていたら住民票がなくなった」
  • 「海外へ行く際に住所票を無くしていき、日本に帰ってきた後、住民票を設定する手続きをしていない」

こんな時の解決方法は次の通りです。

市区役所へ行って、住所設定の手続きをします。住所設定とは住民票を置く手続きです。

ケース別には次のとおりです。

ケース3 今住んでいる家がある方

これは簡単です。

市区役所に行って、今住んでいる家で住所の設定(住民票を置く手続き)をします。

住民課や市民課のような窓口に行って手続きです。持ち物はあらかじめ電話で聞いておきましょう。

罰せられたり説教を受けたりしませんので、ご安心を!(笑)

ただし、住所設定をすることにより、「国民健康保険や国民年金を払ってください」といったことになるかもしれませんが、ここは免除などの手続きをしていきましょう。

このような手続きが終わったら、10万円の特別定額給付金の申請ができますので、ここも手続き方法を確認しておきましょう。

ちなみに、同じネットカフェに寝泊まりしていて、そこが住所を置いてもいいネットカフェだった場合、そこに住民票を置くことが認められることもあるようなのでご参考に!

住所設定の手続きを終えたら、10万円の申請ができます!

ケース4 今住んでいる家がない方

こちらの方も10万円をもらうことができます。

まずは、どこの市区役所に行くかです。結論はどこでもいいのですが、次のように考えると良いかと思います。

住民票を置くことができる家がある場合は、そこの市区役所に行くと良いです。

住民票を置くことができる家がない場合は、自分で手続きを進めていくよりも、「自立支援センター」や「ホームレス支援団体」などに相談して、手続きを手伝ってもらったほうが楽かと思います。

相談先が分からないときは、市区役所の福祉課といった名称の窓口に行って教えてもらいましょう!

10万円の申請はできますが、住所をどうにかする必要があるので、手伝ってもらえる人に頼りましょう!

戸籍がない場合

日本人として生まれ、出生届を市区役所に出すと、自動的に戸籍がつくられます。

この手続きをしないでいると戸籍が作られなくなることがあります。

このような場合でも、今回の10万円の特別定額給付金をもらうことができます。ただし、手続きがいろいろと必要です。今住んでいるところの市区役所へ相談に行きましょう。

ちなみに、この戸籍は一度作られたら、原則、死亡するまで消されることはありません。自分に戸籍があるのか不安に思った方。小学校に通っていた過去があれば大丈夫ですよ。

10万円の申請はできます。ただし、解決すべき課題があるので、少しずつ進んでいきましょう!

まとめ:10万円の特別定額給付金を受け取るには

  • 住民票がなくてももらえます。住所設定すればOK!日本人であれば問題なし。外国人の方は条件があるので確認を。
  • 市区役所へ行って、手続きすればOK!何にも分からなくても教えてもらえます。
  • 受け取りは銀行口座ですが、口座がなくても窓口での受け取りもできます。

とにかく、もらえるのは確実です。ただし手続きは必要です。たとえ1時間の手続きであったとしても、時給10万円の仕事と思って、がんばっていきましょう。

 

【お得情報あり】新型コロナウイルス関連の6つの支援策をまとめました。国の制度で安心です。こちらもよろしければご参考に!

詳しい解説はこちらをご覧ください。

【新型コロナ関連】国の支援策6選まとめ~ここから始めよう~

 

 

タイトルとURLをコピーしました