分からないを瞬時に解決する方法!それは検索すること

仕事や日常の生活での分からないを瞬時に解決する方法があります。

それは検索することです。

スポンサーリンク

分からないを瞬時に解決する方法は検索すること

この記事の結論は次のとおりです。

分からない事があったら、まず「検索する」という思考を身につけましょう。

その場で解決できなかった職場でのこんな話

先日、職場でこんな話を聞きました。

プレゼンに備えて、パソコンをプロジェクターに接続し、スクリーンに映像を映そうとしたが映らず。4人のスタッフで10分ほど格闘したが結局解決せず、他のスタッフを呼んで事なきを得たそうです。

後日談として、聞いた話ですが、そこに居合わせたスタッフが言うには、「後で冷静になってスマホで調べたら分かったんだよね。なぜそこで調べなかったのか。しかも居合わせた4人全員がスマホを持っていたのに」

つまり、

スマホやパソコンで調べれば大抵のことは解決します。

でもいざと言う時に気づかなかったりしますので、まずは検索するという思考を身に付けましょう。

検索のメリット

そうは言っても、インターネットの情報なんて信じられるの?と言った疑問もあります。

実はこれは現実社会でも同じで、過大広告など偽情報は出回っています。

話を戻して、まずは押さえておきたい検索のメリットですが、

とにかく、「早い」かつ「安い(無料)」

この2点に尽きます。

先の例で言えば、仮に調べた情報が正しくなかったとしても、それほど実害はありません。

この実害があるかどうかが判断基準で、たいして実害がなければ、とりあえず試してみるで良いです。

それでは実害が出るようなケースであったら、慎重にならざるを得ません。

では、どうしたら良いかについては、次のとおりです。

  1. 他のサイトも見る
  2. 書籍でも調べる
  3. その記事を書いている人が信頼できるかどうか

1 他のサイトも見る

こちらは簡単にできますね。手軽に比較できます。どこのサイトでも同じような回答があれば、大丈夫でしょう。

ちなみにパソコンを使っている方は、グーグルでの検索結果が表示された画面で、Ctrlを押しながらクリックすると、別タブで表示されるので、読み比べるのに重宝します。

2 書籍でも調べる

書籍でも調べるのは、慎重に答えを知りたいときはおすすめです。特に実害がありそうなときは、なおさらです。

インターネット上の情報は果たしてこれが正しいのか判断するのは、経験とコツが必要です。経験を重ねるとある程度判断がつくようになりますが、それでも完全ではありません。

3 その記事を書いている人が信頼できるかどうか

その記事を書いている人が信頼できるかどうかですが、これは現在のインターネットが抱える大きな課題です。

書く側も読む側も双方がそれを望んでいるはずなのに、一部の書く側の人たちのせいで実現できないでいます。

今後はいかに信頼できるサイト運営ができるかが求められています。と同時に読む側にも信頼できるサイトを選ぶ能力が求められております。

信頼できるサイトの選び方

信頼できるサイトの選び方ですが、これは、いろいろ見ていく中で、自分なりに経験を積んでいくことだと思います。また、自分なりに興味を持ったサイトのファンになることが早道かもです。

SNSやYoutubeなどでも、検索してみるのもおすすめです。このように記事を書いている人が、TwitterなどのSNSやYoutubeなどの動画サイトにも投稿したりしています。このような方々は信頼性が重要ですので、参考となる情報も多いです。

分からないを解決する良い検索の方法

いざ検索してみてもいい答えが出てこないといったこともあります。これは、適切なキーワードで検索していないときに起こります。

例えば、先の例では「パソコン プロジェクター 映らない」と検索すればOKですが、「画面 出ない」といった検索ではこちらが望む答えが出てきません。

キーワードを適切に選ぶことが解決方法なのですが、もう一つおすすめの解決方法があります。

それは、人に聞くように文章で検索することです。

先の例ですと、「パソコンとプロジェクターをつないでも映らない」といった具合です。

最近の検索も日々進化しており、文章で検索することで、望んでいる回答が得られます。是非、試してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました