レンタルサーバーLOLIPOP(ロリポップ)FTPソフトの使い方〜こうしてサイトは作られる〜

htmlやCSSなどの勉強をしていても、実践にどうつなげていくのかイメージがわかないってことありませんか?

自分のPC上でサイトを作ることはできるようになったけど、その先がわからない。

その解決策がレンタルサーバーを使っての実践練習です。

 

前回の記事では、ロリポップサーバーの初期登録とドメイン設定の解説をしてきました。

本記事で解説するFTPが使えると、自分のPC上ではなく、全世界にサイトを公開することができます。

FTPの使い方はそれほど難しくありません。

順に解説していきます。

スポンサーリンク

レンタルサーバーLOLIPOP(ロリポップ)FTPソフトの使い方〜こうしてサイトは作られる〜

FTPとは?

突然に登場しましたFTP(エフティーピー)。

これは、File Transfer Protocolの頭文字をとって、FTPと呼ばれています。

しかし、こんな難しい用語を覚える必要は無くって、簡単に説明すると、FTPとはファイルを送る技術のことです。

おかげさまで自分のPCからサーバーにファイルを送れる訳です。

FTPはファイルを送る仕組みです

 

FTPの仕組み

レンタルサーバーLOLIPOP(ロリポップ)FTPソフトの使い方

レンタルサーバーLOLIPOP(ロリポップ)FTPソフトの使い方

webサイトを作る人は、自分のPCで作ったサイトを、FTPという仕組みでサーバーにデータを送信します。

一方、webサイトを見る人は、ブラウザ(GoogleクロムやSafari、エッジなど)を使って、webサイトを見ますが、その時の仕組みがHTTPとなる訳です。

 

FTPをどのように使うの?

方法を2つ紹介します。

方法1:ロリポップ!FTP
方法2:FTPソフト(FileZilla)

ロリポップ!FTPはロリポップの管理画面から使用できます。サイドメニューの「サーバーの管理・設定」⇨「ロリポップ!FTP」です。

FTPソフト(FileZilla)はフリーソフトです。FileZillaで検索するとダウンロードできます。

 

FTPでサーバーに送るファイル解説

ロリポップFTPの使い方01

今回アップロードするファイルは上の写真の通りです。

rootディレクトリ直下に、以下のファイルやフォルダを保存しています。

imgフォルダ・・・写真のファイル
cssフォルダ・・・cssのファイル
jsフォルダ・・・JavaScriptのファイル
index.htmlフォルダ・・・アクセスするhtmlファイル

 

FTPの使い方を動画で簡単解説

ロリポップ!FTPでのアップロード方法とFTPソフト(FileZillaファイルジラ)でのアップロード方法を動画で解説します。

 

以上、サーバーへの2つのアップロード方法を解説しました。今回の手順でwebサイトを公開することができます。

これまで、本や動画を見て、自分のpc上でhtmlやcssを書いて学習を進めて来ました。

本来、サーバーへのアップロードまでが必要な業務なのに、そこの知識がないまま勉強をして来たので、実践への不安があり、自信がないままでした。

サーバーを操作できるようになると、webサイトを公開する手順が見えてくるので、自信もついてきます。

ぜひお試しください。

タイトルとURLをコピーしました