外出先で格安かつ快適にiPadminiが使えました!(3年の経験から勧めるSIMカード)

【PR】本ページはプロモーションが含まれています

高性能のiPadmini。外出先でも使えたら、さらに便利です。

LINEも使えるので、待ち合わせもできるし、行きたい店の営業時間もすぐに分かります。

格安SIMを使えばいいんでしょうけど、格安SIMって心配・・・。

私もそうでした。そこで、いろいろ調べた結果、私は『IIJmio』に決めました。

» IIJmioの公式サイトはこちら

 

結局いくらかかるの?
→月額440円(最安値プラン)です
1年後に値上がりするんでしょ
→値上がりしません!!
手続きはどうしたらいいの
→インターネットで全ての手続きができます。

 

SIMを導入すると、旅先や外出先でのiPadminiの利便性が飛躍的に向上します。

いつでもどこでも、LINEやGoogle マップ、インターネットが使えるのですから!!

 

外出先で格安かつ快適にiPadminiが使えました!(3年の経験から勧めるSIMカード)

外出先で格安かつ快適にiPadminiが使えました!(3年の経験から勧めるSIMカード)

これまで、3年以上OCNモバイルONEを使ってきました。

その経験上ですが、特に不満はありません。

一方、格安SIMって使う前には、よく分からないことが多いですよね。

 

最も気になる金額についての心配

月額660円です。(私の使っているプランの金額です)

この金額は1年後も2年後も変わりません

追加費用も発生しません。(ただし初期費用として約3,300円かかります)

ちなみに私が使っているプランは、データeSIM5ギガプランです。

 

データeSIM2ギガプランが最安値プランで、月額440円ですが、私は少し余裕を持って、5ギガプランを契約しています。

 

ちなみに、月に○○GBまでといった容量使うとどうなるかご存知ですか?

全く使えなくなる・・・訳ではありません。すこし遅くなりますが、通信自体は可能です。

 

次に使い勝手の心配

IIJmioは、ドコモ回線を使っておりますので安心です。

公式発表の通り、顧客満足度NO1を4冠達成しているとおり、通信品質では安心です。

とはいえ、回線速度は、曜日、時間帯や地域などで変わってきます。

結局のところ、使ってみないと分かりません。

というのは、人によって使い方も違いますし、満足する速度も変わるからです。

ですから、まずは使ってみることです。

ほどほど満足であれば、使い続ければ良いです。
不満であれば、すぐ解約してしまえば良い。
コース変更もすぐできますよ!!

 

解約料金がかかるのか心配

すると、次に気になるのは、簡単に解約できるかですよね。

そこも安心です。

私がお勧めしているコースは、解約もコース変更もいつでも可能です。

解約料もかかりません。

これなら安心して試すことができますね。

 

申し込みはインターネットから簡単。

変更の手続きや解約の手続きも全てインターネット上からできます。

最近はどこの携帯ショップもお客さんが多くて、待ち時間も長いですよね。そんな無駄もなくなります。

 

デメリットはあるのか?

デメリットとしては、次のようなものが挙げられます。

  1. オンラインで手続きする必要がある
  2. iPadminiもcellularモデルを買う必要がある

1については、オンラインでの手続きはメリットが多い(待ち時間がないなど)ですが、オンラインでお手続きが苦手な人にはデメリットになります。

近年は、ビッグカメラなどの店舗で取り扱いをしていますので、オンラインが苦手な方はそちらを利用するのもありです。

2については、Wi-Fiモデルと比較すると約15,000円の差額となります。しかし、それと補う利便性がありますのも間違いありません。

 

外出先で格安かつ快適にiPadminiを使うためには・・・

手続きはインターネット上で完了します。

手続きが済むと、すぐに開通し、すぐにインターネットへのアクセスが可能です。

 

iPadminiは旅先や外出先でこそ、その真価を発揮します!

iPadminiで使える格安SIM「IIJmio」の「データeSIM」は、安心して快適に使える格安SIMです。

もちろん、iPadminiは「Wi-Fi+cellular」モデルを使ってくださいね。「Wi-Fi」モデルにはSIMカードは挿せません。

SIMカードを手に入れて、通信できてこそのiPadminiです。通信できなければ、性能の半分も出せていません。

 

旅先や外出先でiPadminiが使えると、劇的に便利になります。

最高の旅のおともにいかがですか?

» IIJmioの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました