【5分で分かる】iPadminiでの格安SIM(格安シム)カードとは?この記事だけで基礎はOK!

最近、格安SIM(シム)とかよく聞くけど・・・。

そもそも、SIMカードってなに?

そんな疑問に答えます。

スポンサーリンク

【5分で分かる】iPadminiでの格安SIM(格安シム)カードとは?この記事だけで基礎はOK!

そもそもSIMカードとは何かですが、上の写真のようなカード型の部品です。

SIMカードは、携帯電話やスマートフォンに入っています。

その中には、使用者の識別データや電話番号などのデータを記録されています。

このSIMカードを契約して、iPadminiに入れてあげることで、どこでも通信ができるようになります。

iPadminiには、2つのタイプがあります。
  • Wi-Fiモデル
  • Wi-Fi + Cellularモデル

Wi-Fiモデルでは、SIMカードを使えません。必ず、Wi-Fi + Cellularモデルを使いましょう。

Wi-FiモデルとWi-Fi + Cellularモデルの違いをもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

 

ショップで買ってはいけない?格安SIMのコスト比較

あなたはスマートフォンやタブレットをどこで購入しますか?

  • NTTドコモ
  • AU
  • ソフトバンク

この3社が有名です。

すると、約7,000円(1か月あたり)の支出になりませんか?(このほかに機種代金も別にいくらかかかります)

 

一方、私は次のように購入しています。

  • OCNモバイルONEでSIMカードを契約(新コース以外:110MB/日コース)
  • iPadmini本体は、アップルストアで自分で購入

すると、 通信代990円(1か月あたり) +機種代金60,800円(税抜)となります。

 

OCNモバイルONE とは、数ある格安SIMの1つです。

データ通信のみ(電話番号での通話はできません)ですが、毎月の支払いは、たったの990円です。

iPadmini本体は、60,800円とお高いですが、一度きりの支払いです。 参考までにざっと比較してみます。

NTTドコモ、AU、ソフトバンクでは・・・
3年使うとしたら、7,000円×36月=252,000円
5年使うとしたら、7,000円×60月=420,000円
(実際には、電話通話料や機種代金などが入るため、本当に概算です)
私のプランですと・・・
3年使うとしたら、990円×36月+60,800円=96,440円
5年使うとしたら、990円×60月+60,800円=120,200円

いかに安いかがわかります。

ちなみに、iPadmini本体の購入はアップル公式ページからの購入をおすすめします。

 

格安SIMの料金プランの基本は3タイプ

私が契約したOCNモバイルONEでは、次の3種類のタイプがあります。

  1. データ通信専用 SIM
  2. SMS対応 SIM
  3. 音声対応SIM
1.データ通信専用SIM

私が契約したタイプです。iPadminiで使う際には、これを選びましょう(990円/月)。

2.SMS対応SIM

上記に加えて、ショートメール(携帯電話などの電話番号で送るメール)もできます(1,122円/月)。

しかし、iPadminiでは、ショートメールができないので、このタイプにする意味がありません。

3.音声対応SIM

上記に加えて、電話番号での通話もできます。(1,760円/月)。

しかし、iPadminiでは電話番号を使っての通話はできないので、やはりこのタイプにする意味がありません。

 

概要は、以上の通りです。

しかし、いざ、導入していくと、「あれ、ここ良く分からないな」という場面に直面します。

その点について、私の経験から補足していきます。

iPadminiでの格安SIMの解説と導入【OCNモバイルONEの設定】

格安SIMを導入する際に迷うポイントを解説していきます。

  • SIMサイズ
  • コース選択(データ容量)
  • インターネット接続設定

SIMサイズ(サイズには3通りあります)

SIMカードには大きさが異なる3つのサイズがあります

  • nano(ナノ)SIM
  • micro(マイクロ)SIM
  • 標準SIM

違いは大きさのみで、機能は同じです。

ただし、機種によって指定がありますので、要注意です。

iPadminiはnanoSIM対応なので、nanoSIMを選びましょう。(OCNモバイルONEでは、自分でカットして、どのサイズでも対応できるようになっているので、心配ありません)

 

コース選択(データ容量)

とりあえず、新コース以外で、一番安い110MB/日コースを選んでおきましょう。

※コースはいつでも変えられます ※解約はいつでもできます(2年縛り等ありません)

データ容量についても、補足しておきます。

上記プランでは、1日あたり110MBの通信が可能です。

1日あたりのプランというのは、非常に珍しいです。ほとんどの契約は、1月あたりのデータ使用の契約となっております。

月当たりの契約ですと、仮に月初に契約以上の通信をしてしまうと、翌月まで我慢しなければなりません。

しかしこの1日あたりの契約ですと、仮に使いすぎた日があったとしても、翌月は元に戻ります。

これが、とても魅力的です。

あと、110MBを使い切ったとしても、通信が全くできなくなるわけではありません。

通信速度は遅くなりますが、通信は可能です。

110MB使用前は、あるサイトが1秒で表示されたが、110MB使用後は、あるサイトが8秒で表示された。

このような違いが発生するだけです。

データ容量と毎月の支払いの金額は比例するので、データ容量を増やすと支払い金額も増えます。
ポイントは最初から容量を大きくしない(金額を高くしない)ことです。
まずは、最小の容量(金額)で始めるのが上手な使い方です。

 

より詳しいOCNモバイルONEの解説はこちらを参考にしてください。

 

インターネット接続設定(最初に少しだけ設定が必要です)

iPadminiは、SIMカードを入れた後、設定が必要です。

ややこしいですが、『構成プロファイル』というものを入れて設定が必要です。

詳しくはこちらのページを参照してください。 OCNモバイルONE公式サイト https://support.ntt.com/ocn/support/pid29000010vd

以上が、設定の際の注意点です。

 

私の周りでも、格安SIMを知らない人がまだまだ多いです。安めのプランを選べば、毎月1,000円以下の金額で、導入できます。

これだけで、外出先でも快適に便利にiPadminiを活用できます。

参考になれば、幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました